【必読】髪の毛を早く伸ばす方法!マッサージ方法や生活習慣を解説 | バランローズクリームシャンプー!パサパサの髪に3ヶ月使うと驚きの変化

【必読】髪の毛を早く伸ばす方法!マッサージ方法や生活習慣を解説

髪を早く伸ばす方法

髪を切り過ぎてしまった!とか、成人式に向けて髪を伸ばしたい!など髪を伸ばしたい悩みって多いですよね。

結論から言うと、これをすれば確実に早く伸びる!そんな裏技なんてありません。

ですが、ここでは髪が伸びるために必要な環境を整える方法を紹介していきます。

髪を早く伸ばすために必要なこと

髪を早く伸ばすために必要なのは、早く伸びるように環境を整えることです。

たとえば、花を育てるときも、きちんと土に栄養を与えて、しっかりと水をあげる。

こうすることで綺麗な花が咲きますよね。これと同じです。

髪を早く伸ばすためには
  • 正しいシャンプー
  • 頭皮マッサージ
  • 髪はドライヤーで乾かす
  • 食生活を見直す
  • 睡眠をしっかりとる
  • ストレスを発散する

これらが大事です。それぞれについて解説していきます。

正しいシャンプー

まずは毎日やっているシャンプーについて。ただ、なんとなくで洗ったりしていませんか?

毎日やっているシャンプーをちょっと意識を変えるだけで頭皮の環境はよくなります。

正しいシャンプーのポイントをまとめます。

シャンプーのポイント
  • 夜にシャンプーをする
  • お湯はぬるま湯で
  • 泡立てて指の腹で頭皮を洗う

簡単にまとめるとこの3点が重要です。

まずは、夜にシャンプーをすること。朝シャン派の方もいると思いますが、1日の汚れはその日のうちにシャンプーで洗い流すようにしましょう。

朝にシャンプーをすると、その日の必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮が乾燥しやすい状態になってしまいます。

どうしても朝シャンする場合などはお湯だけでしっかりと汚れを落とすようにするのがオススメです。

また、シャワーの温度も重要。シャワーの温度は36~38℃のぬるま湯を意識しましょう。

40℃以上になると、頭皮が乾燥しやすくなり、ダメージを受けてしまうので注意!

最後はシャンプーはしっかりと泡立てて爪を立てずに頭皮を洗うということ。

髪自体はお湯でしっかりと汚れを落とすことができますが、頭皮は別。シャンプーを使ってマッサージをするようにして汚れと余分な皮脂を洗い落としましょう。

頭皮マッサージ

頭皮がこっていたり、毛穴詰まりがあると髪が伸びるのが遅くなる原因につながります。

頭皮マッサージで刺激を与えることで血行を促進して髪が伸びるのを助けてあげましょう。

でも、頭皮マッサージってどうすればいいかわからない

安心してください。シャンプーをするときに3~5分程度マッサージをするだけでいいんです。

詳しいやり方はこちらの動画を参考にしてみてくださいね。

STEP.1
頭皮全体のマッサージ
まずは頭皮全体をまんべんなくほぐしていきます。指先ではなく指の腹で地肌に触れて、頭皮を持ち上げる感じでマッサージをします。 1ヶ所のマッサージは3秒くらいが目安です。気持ちいいと感じるくらいの力加減で頭皮を押していきましょう。
STEP.2
後頭部のマッサージ
後頭部のマッサージを行います。えり足から頭の上の方へ向かって、5ヶ所を目安に指の位置をずらしながらマッサージしていきます。
STEP.3
側頭部のマッサージ
側頭部のマッサージを行います。側頭部も同じように指の位置をずらしながら5ヶ所を目安にマッサーシをします。
STEP.4
こめかみと生え際のマッサージ
こめかみと生え際のマッサージを行います。こめかみから頭の上の方に向かって5ヶ所を目安に指の位置を少しずつずらしながらマッサージします。生え際も同じようにマッサージをしましょう。
STEP.5
頭頂部とその周りのマッサージ
頭頂部とその周りを全体的にマッサージします。5ヶ所を目安に中指で優しく指圧していきます。
STEP.6
頭皮マッサージの仕上げ
最後に頭皮マッサージの仕上げを行います。手のひらの付け根を耳の上にそっと添えて、側頭部を包み込むように圧迫します。側頭部のマッサージが終わった後は、生え際に手のひらの付け根を添えて同じように圧迫していきます。最後に頭頂部に手のひらの付け根を添えて圧迫します。これで頭皮マッサージは完了です。
引用元:youtube

髪はドライヤーで乾かす

お風呂を上がった後に、きちんと髪は乾かしていますか?面倒だからといって自然乾燥させていませんか?

実は髪は濡れている状態が一番ダメージを受けやすい状態なんです。

自然乾燥させようとそのまま放置していると、髪同士がこすれてダメージを受けてしまったり、雑菌が繁殖してしまったり、なにもいいことがありません。

濡れた髪はちゃんとタオルドライをしてからドライヤーを使って乾かすように意識しましょう。

正しいドライヤーの使い方はこちらを参考にしてください。

ドライヤーの正しい使い方 ドライヤーの正しい使い方!基本からしっかりマスター

食生活を見直す

髪を早く伸ばすためにはしっかりと栄養を摂ることも重要です。髪が伸びようと思っても栄養が足りないとちゃんと成長することができないですよね。

髪に必要な栄養はこちらになります。

特に髪に必要な栄養

タンパク質、亜鉛、ビタミン

それぞれの栄養の役割と、どんなものを食べるといいのかを紹介します。

タンパク質

髪の毛は主にケラチンと呼ばれるタンパク質で出来ています。ですが、タンパク質は体内で作ることができない必須アミノ酸です。

ケラチンが不足してしまうと髪のハリやコシが無くなって切れ毛やうねりなどの原因にもつながります。ですから食事でタンパク質を摂ることがとても重要!

タンパク質は肉、卵、乳製品、大豆などに含まれるので意識して食べていきたいですね。

また、タンパク質は寝てる間に働くので晩御飯に食べるのが理想。

亜鉛

亜鉛も髪にとって必要不可欠な栄養です。亜鉛はケラチンを合成する働きがあります。不足すると、ケラチンがつくられないので、髪にハリやコシが失われてしまいます。

亜鉛も体内で作ることができないので食事から摂取する必要があります。

亜鉛が豊富に含まれる食べ物は、牡蠣、ウナギ、豚レバー、きな粉などが有名ですね。

ビタミン

特にビタミンCには亜鉛の吸収をよくする効果があります。

また、サラサラの髪を目指すためにもビタミンは摂っておきたいですね。

牡蠣を食べるときにレモンやカボスなどの柑橘系を添えて一緒に摂るのがオススメです。

髪のために食べたいもの

肉、魚、乳製品、卵、大豆

海藻類、緑黄色野菜、ヨーグルト、トマト、リンゴ、ブドウ

レバー、あさり、カキ、アーモンド、チーズ

食事で摂れない時はサプリメントで補うのもアリ

睡眠をしっかりとる

髪は寝てる間に伸びます。つまりちゃんと寝ないと全然髪は伸びていきません。

特にゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時の間は成長ホルモンの分泌が促されます。

ですが、なかなか22時に寝るというのは厳しいですよね。

出来れば0時までに就寝できるように意識しましょう。

また、休日に寝溜めをしたからといって日々の睡眠時間はカバーできないので注意してください。

ぐっすり眠るために
  • 寝る直前までスマホをいじるのはやめましょう。
  • 珈琲や紅茶、緑茶などのカフェインが多く含まれるものは夜は控えましょう。

ストレスの発散

ストレスは毛細血管を収縮してしまうので頭皮の血行が悪くなりやすいです。

頭皮の血行が悪くなるとせっかく栄養を摂っても髪にいきわたらないので髪が伸びるのが遅くなります。

趣味や運動など、自分なりのストレス発散方法を見つけておくようにしましょう。

美容室で綺麗にしてもらおう

髪を早く伸ばしたいのに美容室に行くのは違うんじゃない?

そう思う方もいるかもしれません。

ですがどうしても髪は毛先の方から傷んできます。傷んでしまった髪をそのまま放置すると見た目もよくないし、スッキリしませんよね。

美容室に行くといっても毛先をそろえたり、ヘッドスパなどで頭皮環境を整えることが目的です。

綺麗に髪を伸ばすためにも美容室に行ってメンテナンスをするのを忘れないでくださいね。

まとめ

髪が伸びるスピードは個人差がありますが、平均1ヶ月で1~1.5㎝です。つまり早い人で1年間に15cm程度伸びます。

早く髪を伸ばすためには、しっかりと栄養と睡眠をとること、ストレスを溜めないことが重要ですね。

自宅で出来る頭皮マッサージもオススメですので参考にしてみてください。