パラベンフリーのシャンプーを選ぶべき? | バランローズクリームシャンプー!パサパサの髪に3ヶ月使うと驚きの変化

パラベンフリーのシャンプーを選ぶべき?

パラベンフリーのシャンプーを選ぶべき?

パラベンが身体に悪影響があるらしい。パラベンフリーのシャンプーを使ったほうがいいらしい。

そんな話を聞いたことがありませんか?

今回はパラベンがどんなものか、パラベンフリーのシャンプーを選ぶべきなのかについて解説していきます。

パラベンってどんな成分?

パラベンは正式名称【パラオキシ安息香酸エステル】と呼ばれる成分です。

シャンプーだけじゃなく、化粧品や食品などにもよく使われている防腐剤。

人体に対する毒性が低く、少量でも微生物やカビに対して強い殺菌力があるので100年以上使われ続けています。

パラベンの種類
  • メチルパラベン
  • エチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • ブチルパラベン
  • ベンジルパラベン
  • イソベチルパラベン

パラベンは入っていない方がいい?

パラベンは製品を長持ちさせるための防腐剤として配合されています。そのために、食品など短期間で使ってしまうものにはパラベンが配合されていない方が良いでしょう。

ですが、シャンプーや化粧品のように長期間使用するものや夏場など菌の繁殖しやすい時期に使うものはパラベンなどの防腐剤が配合されている物の方が良いです。

特にシャンプーは主成分が水なので微生物が繁殖しやすく腐敗しやすいので防腐剤は必須です。細菌がうじゃうじゃといるシャンプーで髪なんて絶対に洗いたくないですよね。

このようにパラベンが一概に身体に悪いというわけではありません。

パラベンにアレルギーの副作用も

パラベンは基本的に人体に影響は少ないとさえていますが、まれにパラベンアレルギーの副作用がある方がいます。

パラベンが配合されているファンデーションなどで肌が荒れたり、敏感肌だと思っている方は実はパラベンアレルギーの可能性もあります。

確率としては1000人あたり2,3人の割合です。こういった方のためにパラベンフリーの製品などが販売されています。

心配な方は一度皮膚科で相談してみるのも良いですね。

パラベンフリーのメリット・デメリット

ここからはパラベンが配合されていない【パラベンフリー】のメリットとデメリットについて紹介します。

メリット
  • パラベンによる肌への影響がない
  • パラベンアレルギーの心配がない

まずメリットはパラベンによる肌への影響がないということです。つまり、パラベンアレルギーの心配もないので安心して使うことができるということですね。

デメリット
  • 長期保存ができない(他の防腐剤を使用していない場合)
  • 選べる種類が少ない
  • 値段が高くなる

パラベン以外の防腐剤が入っている場合は別ですが、パラベンフリーのものは長期保存ができないものが多いです。

また、パラベンフリーに絞ると選べる種類が少なかったり、値段が高くなってしまいます。

パラベンフリーだから防腐剤が入ってないのは間違い

防腐剤として一番有名なのはパラベンですが、オーガニックコスメなどにはパラベンの代わりに以下の防腐剤が使用されていることがあります。

  • フェノキシエタノール
  • ヒノキチオール
  • ローズマリーエキス
  • ティートリー油
  • セージ油
  • エタノール

フェノキシエタノール

エタノールとついているのでアルコールと思われがちですが、アルコール成分ではありません。

パラベンよりも低刺激なので最近ではパラベンよりも配合されることが増えてきています。

ヒノキチオール

ヒノキチオールは樹木からとれる成分で殺菌作用、抗菌作用などがあることから化粧品などの防腐剤に使われます。

ですが、パラベンと同じようにヒノキチオールにアレルギーがある方もいるので事前にチェックが必要です。

ローズマリーエキス

ローズマリーエキスは天然の防腐剤として人気です。

その他にも、ローズマリーエキスには血行促進作用や抗酸化作用がある万能な成分です。

シャンプーなどにも使われることが増えてきており、比較的高級なものが多いです。

ティートリー油

ティートリー油はアロマとしても使われることが多いオーガニック成分です。

健康的な組織を傷つけることなく、強力な殺菌消毒作用があるので美容液やシャンプーなどに使われることが多いです。

セージ油

セージ油もアロマなどに使用されることが多いオーガニック成分です。

セージ油にもローズマリーエキスに次ぐ抗酸化作用があったり、収れん作用などもありスキンケア製品やボディケア製品などに使用されることが多いです。

エタノール

エタノールはエチルアルコールと呼ばれるアルコール性の防腐剤です。

化粧品などに含まれる場合は、スーッとした爽快感が残るものが多いです。

 

これらの成分がパラベンに代わる防腐剤として使用されることが多くなってきています。

パラベンに関するまとめ

POINT
  • パラベンフリーだったら良いわけではない
  • ただ、パラベンが肌に合わない人がいる
  • 一番大事なのは使用期限を守ること